Apple・AWA・ LINE 定額音楽配信サービスの比較

続々スタートした定額音楽配信サービス、『Apple music』『AWA』『 LINE MUSIC』の3つを比較レビューしてみました。

 

SPONSORED LINK


それぞれ最近始まったサービスで現在無料トライアル期間中なので、せっかくなんで全部ダウンロードして使い比べてみました。

aal001

どのサービスも基本的にプレイリストを聴くというのがメインのようで、シチュエーションに合わせて好きなプレイリストをたくさんの中から選べます。

比較

各項目について比較と、個人的な感想です。

料金

Apple:月額980円
AWA:月額1080円(360円)
LINE:月額1080円(500円)

また、無料トライアルはAppleとAWAが3ヶ月と長いですが、この期間でユーザーの生活に定着させて、なくてはならないものにしてしまおうというつもりなんでしょう。LINEは8月9日までです。

曲数

同じくらいですがAWAとLINEは邦楽に強めという感じです。今後どのようになって行くか次第ですが、参加レーベル的にAWA有利か?AWAは今後も増えていくとアナウンスされているので期待です。

音質

どれも良いです。AWAとLINEは音質も選べる上にAWAはWiFi接続時には320kbpsとかなり高音質です。通信量を抑えたい場合は低い音質も選べるので便利!Appleは音質の選択はできません。

操作性

LINEが1番使いやすかったです。好みもあるでしょうがLINEは左側にメニュー一覧があり、そこから階層を辿っていき、好みのプレイリストを探すので探しやすいと感じました。また、邦楽というカテゴリーもあるのがありがたい。

aal002

プレイリスト

LINEがわかりやすくていい感じです。特に上半期ベストヒットや今週の新曲などがあるのがいいですね。AWAもなかなか聞いてみたくなるプレイリストを用意していますが邦楽と洋楽が混ざってることが多いのが気になります。しかし両方とも少なくともAppleの「はじめての◯◯」シリーズよりはいいです(笑)Appleは洋楽含めてかなりアーティストに偏りがあるように感じます。

通信量

一曲あたりの通信量をおおまかに計測してみました。LTE回線での使用で、LINEは音質オート、AWAはノーマルの96kbpsで試しました。

LINE:1曲約30MB、AWA:1曲約20MB Apple:1曲約5MBで圧倒的にAppleが少なかったです。LINEやAWAを数時間聞いていたらすぐに1GBとか行っちゃうんで低音質も試してみましたがなんとLINEの低音質で30MBでした。これはちょっと現実的にはキビシイ使用量だと思います。

電池の使用量

電池はどれも予想以上に消耗する印象。まぁ常に通信してるんで当然か

その他の機能や特徴

  • 自分の持っているローカルに保存している音楽との連携はAppleのみ対応していてシームレスに連携できます。
  • マルチデバイスはそれぞれのサービスが対応予定だそうです。
  • 履歴はLINEとAppleがありますがAWAにはみあたりませんでした。
  • オフライン再生にはAppleとLINEが対応。特にAppleはダウンロード出来るのでより便利です。
  • AWA、LINEは歌詞表示が出来ます。これは凄い!Appleは非対応。

総合評価

LINEはさすがにユーザのことをわかってるなぁという印象。使い勝手、プレイリストの内容共に3つの中で1番いいと感じました。使いやすく聞きたいと思える内容。今回1番好印象でした。

AWAは今後への期待感がもてますが現時点でアドバンテージは少ないと感じます。人気の曲やユーザーが作ったプレイリストの再生数ランキングがあるのは好印象です。

 AppleはiPhoneとの連携とダウンロードできるという点はすごくいいですが、ローカルのプレイリストと混同するのが僕にとっては逆に使いにくいと感じます。それが売りなんでしょうけどね。

 

結論を出すには早いですが現時点で邦楽を中心に聞いている一般的な日本人にとってはどれも微妙です。 お金払って使うほどの魅力はまだないと感じます。偏ったアーティストだけで作られたプレイリストに魅力を感じません。多くのアーティストをひとつのサービスで聴けるようになって始めて使いたいと思うかな。

プレイリストを聞くというスタイルもなんだか微妙だなぁと思います。同じ曲ばかりですぐ飽きます。せっかく何百万曲もあるのに活かしきれてない感じ。誰が作ったかわからないプレイリストもいらないしね。Appleのようにローカルのプレイリストに入り込んでくるのも邪魔になります。

通信量的にも現実的ではないように思います。実用に耐えられるのはAppleのみでしょう。

洋楽聴きたい時やたまたま聞きたいアルバムを見つけた時はいいんですがそれだけのために毎月1000円くらい払う価値があるかは疑問です。


PAGE TOP