初めての胃カメラ体験 地獄の拷問が待っていた

今年も健康診断がやってきました。

SPONSORED LINK

前の年の健康診断でバリウムによる胃の検査を行って、その後色々と調べた結果リスクばかりでいいことがなにもないという結論にいたり、今後バリウム検査をやらないと誓ったあの検査から一年。
[記事リンク⇒初めてのバリウム体験 この検査、ホントに大丈夫なの?
またしても健康診断の季節到来!
今年は胃カメラに挑戦したいと思います。

恐怖の胃カメラ初体験当日

さて、胃カメラについてもたいした情報のないまま、というよりあまりあえて事前に知識を入れずに挑みました。だって辛いらしいじゃないですか。あまり知ってしまうと怖くてできなそうなんであまり調べずに健康診断に臨むことにしました。
とりあえずバリウムなんかよりは精度も高く意味のある検査だということだけ知った上で。

前日の夜から絶食してるんで、空腹と喉の渇きに耐えながらまずは通常の健康診断をこなしていく。この後に控える胃カメラへの不安はあまり考えないようにして。
内科検診で医者と話すんですが、そのとき
「今まで麻酔で気分が悪くなったことは?」
と聞かれます。
麻酔というと歯医者なんかでやったことあるけど気分が悪くなったことがあるかどうか。
YESかNOかでいうとYESである。だってなんとなく気分悪いじゃんあれ。
なんの疑問もなくYESと答えたわけだが、これが地獄の扉をノックした瞬間だった。

いよいよ胃カメラの検査へ

僕が選択していたのは「経口内視鏡」という
口からカメラを入れるタイプの検査方法です。
この他に「経鼻内視鏡」というのがあります。
後から知ったことですが経鼻内視鏡のほうがだいぶ楽みたいです。

しかし無知な僕はあえて嘔吐反応の強い経口内視鏡を選ぶというなんともマゾな選択をしていました。
さらに拍車をかけたのが麻酔なしという医師の判断。
そう、さっきの医者との質疑で「麻酔で気分が悪くなったことがある」
という返答がここにきて麻酔を使わないというとんでもない拷問を選択する結果になったのだ。

担当の先生も「麻酔ないと辛いと思うけど頑張りましょう!」とか言ってる。

いざカメラ挿入

え?ちょっと待て、そんなに辛いの?と思ったがもう後には引けないので指示に従い口を開ける。するとさっそく先生が黒い管が口の中へ。

目の前にはカメラの映像が映し出されたモニター。
喉ちんこのあたりだろうか?通過した瞬間えずく。
おえおえとえずいてる自分。呼吸もままならない。
その最大の関門を通過すれば落ち着くのかと思いきや・・・

その後も延々と続く嘔吐感。もはやえずいてるなんて優しいもんじゃない。
吐いている。なにも出てこないだけでずーっと吐き続けている状態。

グリグリと止まらない黒い管の動きとその刺激で止まらない吐き気。
終わりのない地獄のような時間にもはや正気を保っていなかったと思う。

こんなにつらい思い、不安を感じたことははたしていまだかつてあっただろうか?
こんなに涙を流したのはいつぶりだろうか?

そうしてつらい時間は終わりを告げた。
どうやら僕は相当反射反応が強い部類らしく、先生も困っていたみたいで、どうも中途半端に終わってしまったようだった。なんか励ましてくれているようだったけどあまり記憶がない…

勉強不足と来年への抱負

今回も事前知識の少ない状態で受けてしまった健康診断だったが、おかげでとんでもなくつらい思いをするはめになったように思う。
今の時代、もっと楽に胃カメラを受ける方法はいくらでもあるようだ。
経鼻内視鏡や鎮静剤による胃カメラという方法もあるらしいことをあとから知ることになったわけで、無知が故に一番つらい方法をとるというマゾっぷりを発揮してしまったことを後悔して、来年こそは少しでも楽な健康診断にしたいと思います。

SPONSORED LINK