テレビ好き必見!「torne mobile」が凄い!

2016-02-12

SPONSORED LINK

いつの間にか「torne mobile」というものがリリースされていました!
2015年3月にリリースされていたようです。
このアプリを使えばiPhoneでも外出先でテレビが見れるようになりますよ!理想のテレビ環境がどこでも手に入ります!TV SideViewと比較しながら使用感をお伝えしたいと思います

SPONSORED LINK

外出先でもnasneに録画した番組が見れるようになるAnytime TVにnasneが対応したという記事を以前に書きました。
[記事リンク→]外出先からテレビや録画番組が見れるように!!nasne がアップデート!

それを実際に試そうと「TV SideView」で機器連携などの設定を行っていたら「torne mobile」というものの存在を発見しました。僕は元々torneを使っているのでこのtorne mobileのほうが使いやすそうだ!早速ダウンロードして、このふたつのアプリを比較しながら使ってみます。ダウンロードした端末はAndroidのSH-08EとiPad、iPhoneです。「TV SideView」と「torne mobile」両方ともiOS、Androidに対応しています。視聴再生機能はそれぞれ500円です。OSごとに購入が必要になります。出来ることは似たようなものなんですが、それぞれ特徴があり、使い勝手が大きく違います。

  torne mobile TV SideView
TV視聴
録画番組視聴
お出かけ転送 ×
録画予約
使い勝手

 

TV SideView

まずは「TV SideView」
このアプリはお出かけ転送が出来ます。あらかじめ録画した番組を保存しておくことが出来るのです。これがこのアプリの唯一の利点と言えるかもしれません。アプリを立ち上げると、みどころピックアップか番組表をトップページに選べます。メニューを開くと録画番組やおでかけ転送済みの番組一覧しかしAndroidタブレットのSH-08Eではメニュー画面で横画面表示ができないので使い勝手はいまいちです。みどころピックアップというのが予約ランキングやオススメを教えてくれる項目ですしかしBSやCSも混ざっていて正直みにくいです。
tvsideview2

torne mobile

続いて「torne mobile」
torne1
これがとっても使いやすいんです!
すでにtorneを使っている人ならば直感で使えてしまいます。横画面にも対応していて、トップ画面にアイコンが並びやりたいことにすぐにアクセスできます。録画した番組の検索やソートもtorne同様に簡単!さらに番組ごとにまとめられているので使い勝手がとてもいいです。

自宅でプレステで管理しているものがそのままシームレスに利用できるのでテレビ環境が一元管理できてとっても楽チンですね!

唯一できないことがおでかけ転送です。今後対応すれば文句なしに一番のアプリだと思います。外出先での利用はは3〜5Mbps出ていれば問題なさそうです。1Mbpsくらいだと厳しそう。

iOS版はBluetoothでの音声出力ができないのがネックです。Android版はなぜか可能です。

今後の僕の利用スタイルは撮り溜めた番組は家でも外でもtorne mobileで利用して電波がない場合に備えておでかけ転送したい場合だけTV SideViewという使い方になりそうです。

 

 

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)

新品価格
¥20,079から
(2016/2/12 10:52時点)

SPONSORED LINK