スバルの良さ、研究レポート

インプレッサを購入しようと思ってから、かなりインプレッサについて、スバルについて研究しました。
スバルの良さってなんなのかを僕が調べた情報で解説したいと思います。

SPONSORED LINK

 

「スバリスト」なんて言われるほどコアなファンがいるスバル。 走りの性能を妥協しない姿勢と安全性を追求する、こだわりのあるメーカーだ。

subaru
[外部リンク⇒スバルHP

スバルの特徴

・アイサイト

最近では自動ブレーキなどの安全装備で代名詞とも言える『アイサイト』が有名ですね。
アイサイトの自動ブレーキは他社に比べて圧倒的で衝突安全性は抜きん出ています。高速道路などで使用する全車速前車追従とレーンキープ機能によるクルーズコントロールはとても楽チンで、自動運転の最先端を行く素晴らしい性能です。

実際に体験してみたことがありますが、最初は「気持ちわるっ!」と思うほどに勝手に運転してくれます。速度設定をすればあとは目的地までボーっとしてるだけです。っていうと危ないですが、ホントすごい技術の進歩を感じます。

・水平対向エンジン

ボクサーエンジンと呼ばれるこのエンジンは世界的にも珍しいエンジンで、使っているのはスバルとポルシェだけみたいです。 低重心にすることができるため車の性能を上げているとか。

・シンメトリカルAWD

四駆と言ったらスバル、スバルと言ったら四駆というほどこの部分にもこだわっていて、スバルの四駆は高性能で有名なのです。AWDはオールホイールドライブの略だそうで、フルタイム四駆で常に駆動しているのはスバルだけだそうです。他社は滑り始めてから四駆になるものが多いらしい。 このAWDによって走行性能が優れたものになっているとのこと。 しかも四駆なのに燃費が悪化しないというから驚きだ。

・シャシーの性能

剛性がありハンドリングの良いシャシーによって快適な運転と安全性を確保している。 これについては新型インプレッサから採用のSGP(スバルグローバルプラットホーム)という新しいプラットホームが走行性能と安全性においてものすごい進化を遂げているとのことで、試乗などのレビューでもとんでもない高評価を受けています。

スバルのこだわり

このように、ものすごくこだわって作られているスバルの車
「走りを極めると安全になる」とスバルが言うように、運転を楽しく走行性能にこだわることで 安全性も高めていっている、理想の車を作ろうという情熱を感じる自動車メーカーなんです。

これだけのこだわりを詰め込んだ車なのに価格は同クラスの他社と比べても同等以下という良心的な価格設定になっていて、コストパフォーマンスが抜群だと思います。 内装がしょぼいとよく言われているようですが(笑)

スバルの代表車といえばレガシィやインプレッサ、そして最近ではレヴォーグなど街の中でもよく走っているのを見かけます。海外ではスバルはバカ売れらしいです。

車種は少ないけれどひとつひとつこだわって作っているんですね


PAGE TOP