ウクレレは簡単で誰でも楽しめる♪

ウクレレをとても楽しく毎日演奏?練習しています。
今回はそんなウクレレという楽器を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

最近始めたウクレレにハマっています!
[記事リンク⇒衝動的にウクレレを始めてみた♪

とにかくおもしろいのにとっつきやすくてとても魅力的な楽器なんです!

 

ウクレレとは

小さなギターのような見た目ですが、弦は4本で音色も独特な楽器です。
ハワイで進化を遂げて現在のウクレレになったようです。
ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンの4種類のサイズがあります。
ハワイアン音楽に使われることの多い楽器です。

ウクレレのいいところ

ウクレレのいいところを思いつくかぎりあげてみます。

小さく軽い

持ち歩くときも楽ですし、軽いので長時間やっていても疲れにくい。
弾くときのポジションも楽です。

簡単

簡単というと語弊がありますが、ギターに比べれば弦が4本でコード自体が簡単なので弾きやすいです。初心者でもとっつきやすく曲を弾けるようになるまでは比較的早いと思います。
しかしうまく弾くのは別問題ですが。

安い

楽器としては安く手にいれることができてお手軽です。
2万円もあればしっかりとしたものが手に入ります。
あまりおすすめできないようですが3000円くらいで売ってるものもあり、とりあえず始めるにはいいかもしれません。

音色がいい

ポロロンと弾けばそれはすでにハワイアンな音色。
ギターと比べると柔らかく、心地いい音で普通とは違った雰囲気を楽しめます。

どんなことができる?

ギターで曲を弾くのと似たようなもんです。
まぁギターほとんどやったことないんですが(笑)
コードで弾いたり、指弾きしたり。

どんな歌が弾ける?

ハワイアンな音楽はもちろんですが、邦楽、洋楽、アニソンとなんでも引けます。
どうしても音色の関係でちょっと陽気な感じになりますが。

うまくなればカッコイイ!!

イメージとしてはちょっとふざけてるような、ファンキーなような、
おどけた雰囲気があるかもしれません。高木ブーのような。

しかし、このウクレレという楽器は、リズムやストローク、強弱を駆使してかなりカッコ良く演奏できる底知れぬポテンシャルを持っている楽器なのです。そんなイメージとのギャップから来るカッコよさも含めて上手い人の動画を見ると度肝を抜かされます。
うまく弾ければマジでカッコいいんです。


PAGE TOP