衝動的にウクレレを始めてみた♪

ある日突然、ウクレレってどうなんだろ?とおもいつきで興味を持ってしまったウクレレ。

SPONSORED LINK

 

とりあえずウクレレというものを知るべくYouTubeでウクレレの動画みてみるとこれが予想以上にかっこいい!
そしてなんか衝動的にウクレレを始めることを決意しました。
ウクレレについて調べてみると、わりと手軽に始められておもしろそうです。

そもそも楽器をなにひとつできない僕は常日頃から
「なにか楽器ができるようになりたいなぁ・・・」
と思っていました。
そこでウクレレを始めてみようと思い立ったわけです。

さっそくウクレレを購入!

購入したのはフェイマス 『Famous FS-1G』

調べた結果このFamousというメーカーのウクレレが国産で評判のいい定番モデルのようです。
FS-1Gというモデルは『ソプラノサイズ』でいちばん一般的なウクレレの種類です。
その他に『コンサート』『テナー』『バリトン』とサイズがあり、音や弾き方が違うようです。

まずは入門用には『ソプラノ』ということでこちらを購入しました。

一緒にチューナー『KORG HT-U1』と替えの弦も購入しました。

DSC_0072

特にチューナーは必須でしょう。

開封

購入したウクレレを開封!

第一印象は「軽いっ!!」
でした。

最初から弦も張ってある親切さ。
開封後すぐに始められるのはありがたいです。

チュ−ニング

それではさっそく弾いてみたいと思います。
ポロローンととてもいい音♪
これだけですでにハワイアンな雰囲気を醸し出します。

と、その前にまずはチューニングをしなくては。
一緒に買ったチューナーをヘッド部にクリップで付けます。
ウクレレを縦にして左から『G』『C』『E』『A』と音を合わせます。

どこも抑えず弦を弾いて、インジケーターが緑色になるように少しずつペグを回して調節します。
このチューナーの場合ヘッドのペグとチューナーの位置関係が対応しています。

わかりやすいぞ!素晴らしい!

練習

なんかよくわからないままになんとなく弾いてる雰囲気を楽しんだ後、
説明書に書いてあるコードを練習してみます。
当然抑えるのも難しいし、正直ちゃんと音が出てるのかもよくわからない。

まぁ今はこれでいいんです。とにかくさわっていじってなんとなく慣れてくれば。
僕の趣味の中に音楽という新たなジャンルが加わり楽しい日々が送れそうです。


PAGE TOP